単語追跡の難しさ

英語の単語の意味を探る中でいろいろと問題となるのが gradation の問題である。 gradation とは「母音交替」のことで主に印欧語の分析をする人たちの用語である。単純に vowel alternations 「母音交替」とかドイツ語系の Grimm's laws の人たちは ablaut 「母音交替」という。これは動詞の活用や名詞の活用の時に母音字が変化することで sing, sang, sung の I, a, u のような変化を表す。印欧語祖語の研究では一般的に e-grade, o-grade, zero-grade といい、母音字が e や o やゼロとなることである。

(1)
a. cellar
b. color
c. clandestine

(1) の語はすべて「覆う」という意味で cellar 「貯蔵庫」では e になり color 「色(もともとは身体を覆う皮膚の色)」では o となり clandestine 「秘密の」ではゼロ母音字となっている。このように母音字が交替して、しかも意味が発展して変化してしまうとなかなか cellar と color がもともとは同じ語根から派生したものであると認識しにくくなる。また (1c) の clandestine は母音が消滅したのか、それとも epenthesis 「子音挿入」なのか anaptyxis 「母音挿入」なのかわからなくなるからさらに厄介である。

b0356108_16382411.jpg

[PR]
by miyakmae | 2018-09-21 07:57 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31