epistemic passives revisited

受動態では文法的であるが能動態では非文になるものがある(Hofmann, 1968)。

(1)
a. *They know him to dislike singing.
b. He is known to dislike singing.

(1a) は非文となるが受動態では問題がない。

(2)
a. *They say him to dislike singing.
b. He is said to dislike singing.

さらに

(3)
a. *They infer him to dislike singing.
b. He is inferred to dislike singing.

これらの動詞は補文の真理値の蓋然性を表すものでなくては非文となるのである。受動態は実際は助動詞の認識的陳述緩和の働きをしていて補文の真理値を限定しているから文法的となる。

[PR]
Commented at 2018-09-12 06:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by miyakmae | 2018-09-12 04:37 | 言語 | Comments(1)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae