coordination

b0356108_04373022.jpg
coordination は同じCase でなくてはならない。

(1)
a. John broke the window.
b. The stone broke the window.
c. *John and the stone broke the window.

(1c) が非文となるのは異なった Case が等位接続語の and でつながっているためである。しかし

(2)
a. We will achieve peace at home only when we have adequate schools, adequate homes, and more than adequate love. (Nilsen, 1972)

(2a) の we have 以下は意味的に異なった名詞句でも問題がない。

[PR]
by miyakmae | 2018-09-04 08:00 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー