Source, Path, Goal

b0356108_07465177.jpg
場所を表す前置詞は動作がある場合は起点や経路や着点を表す表現がなくてはならない。1次元の場所の at に対応する経路を表す前置詞が via で2次元の場所の on に対応する経路を表す前置詞が across で3次元の場所の in に対応する経路を表す前置詞が through である。

(1)
a. John travelled from Tokyo to Kyoto via Nagoya.
b. John swam from the island to the continent across the strait.
c. John walked from a village to a town through the woods.

(1a) の via は1次元の点で (1b) の across は2次元の面で (1c) の through は3次元の体積を表している。



[PR]
by miyakmae | 2018-09-01 05:06 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー