hedge 表現

b0356108_06404687.jpg
範疇には典型的なものから周辺的なものまでいろいろな degree で存在する。例えば「鳥」は

(1)
a. sparrow
b. chicken
c. penguin
d. bat
e. dog

(1a) は典型的な「鳥」で (1d) の bat は「鳥」ではないが鳥に似ていて、 (1e) は全く「鳥」ではない。このような違いを hedge 用語 (Lakoff, 1975) の一つの sort of で述べると。

(2)
a. *A sparrow is sort of a bird.
b. A chicken is sort of a bird.
c. A penguin is sort of a bird.
d. ?A bat is sort of a bird.
e. *A dog is sort of a bird.

典型的な sparrow と全く異なる dog は hedge の sort of で表現するのはちょっとおかしくなる。(2d) の bat は微妙となる。同じように hedge の par excellence 「ずば抜けて」 をつけると

(3)
a. A sparrow is a bird par excellence.
b. ? a chicken is a bird par excellence.
c. *A penguin is a bird par excellence.
d. *A bat is a bird par excellence.
e. *A dog is a bird par excellence.

文法性が変化する。このような命題の範囲を指定する scope adverbs などを Lakoff は hedges とよんだ。



[PR]
by miyakmae | 2018-08-19 09:59 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae