Talmy Givon

b0356108_07420134.jpg
ガチガチ頭の生成文法が嫌いで UCLA を去って Oregon 大学に機能派の言語学科を作り上げた Givon の Syntax は学生時代にテキストとして使った。当時はなにが functionalist なのかまったくわかっていなかったのでしっかりと読むこともなく、テキストは授業が終わったら人に上げてしまった。その後また読みたいなと思っても高くて手に入れることができなく Givon とはお別れであったが彼の書いた English Grammar が安く売っていたので注文してしまった。安くといっても定価の数万円ではないというだけだが、Givon はやはり一冊は手元に残しておきたいものである。オレゴン大学の言語学科は厳しいというのが評判でオレゴン大学の修士論文は他の大学の博士論文に匹敵するくらい厳しいという噂を聞いたことがある。MIT や生成文法の学科のように博士論文の大量生産は起こさないので有名な学科なのだ。もう当然 Givon は引退していなくなってしまっているだろうが。



[PR]
by miyakmae | 2018-07-29 05:04 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae