diagnose

b0356108_12363194.jpg
diagnosis の backformation でできた diagnose はちょっと変な動詞である。というのも項は診断をする医者と診断される患者とその診断の結果の病気がかかわるが、医者が診断する場合は患者ではなく病状であり、患者が問題となる場合は受動形容詞では使われるが、いわゆる能動態では使われない。

(1)
a. The doctor diagnosed the condition as cancer.
b. The patient was diagnosed as having cancer.
c. The patient was diagnosed with cancer.
d. ???The doctor diagnosed the patient as having cancer.

diagnose は基本3項述語なのであるが患者がかかわると普通受動形容詞で表され、症状や問題点がかかわると as でその原因が示される。いわゆる (1b) や (1c) の能動態はないのである。患者が主語の場合は with をともなった受動形容詞の形が一般的なのである。

(2)
a. The patient was afflicted with leukemia.
b. The patient was born with cerebral palsy.
c. The patient was laid up with a bad cold.

[PR]
by miyakmae | 2018-06-25 06:46 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー