人気ブログランキング |

analysis

b0356108_05005835.jpg
分解することを英語では analyze ということは知っていますが、その語源である lysis が lose とか loose と同じであるということを知っている人は少ないかもしれません。 analysis の lysis は solve や dissolve の lve と同じなのです。もともと connected されたものが ana- 「再び」 disconnected つまり dissociated されることが analyze なのです。能動的な語根が lysis で過去分詞的な語根が -ed ににた語根の lyte です。 lyte となると分解されたものとか、状態になります。 electrolyte は元素についている electron が離れて ionized された「電解質」のことです。 electrolyte と似ても似つかない dialysis 「透析」はなにが分解したかというと hemoglobin で hemodialysis の hemo- が消えてできた語です。analysis の接頭辞 ana- 「上」とか「再び」の代わりにギリシャ語の through を意味する dia- という接頭辞で「完全に分解する」ことを表しています。分解する対象ではなく分解する道具を前につけてできるのが hydrolysis 「加水分解」は hydro を分解するのではなく、 hydro を使って分解することです。カルシウムの固まりのような石を分解する注射器を litholyte と言います。「結石溶解液」の道具です。つながっている神経がバラバラに分解して体が思うように動かせなくなるのを paralysis 「麻痺」といいます。交感神経をバラバラにしてしまうのが lysergic acids でこれから作られたのが lysergic acid diethylamide で「リセルグ酸ジエチルアミド」で日常的に LSD として知られている drug です。当然、 drug は薬にもなります。






第2回プラチナブロガーコンテスト



by miyakmae | 2018-01-30 08:58 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30