所有者上昇

日本語の二重主語構文は Kuno (1973) の主題化変形として分析したがこれは Perlmutter & Postal (1983) の possessor ascension と同じである。もともと属格名詞句が独立して分離したものである。

(1)
a. 男性の平均寿命が短い。
b. 男性は平均寿命が短い。
c. This land's minerals are abundant.
d. This land is abundant in minerals.

(1c) の this land's minerals はちょっと擬人化がすぎるが日本語と同じく名詞句の内部が分解して2つの名詞句に分かれたものである。 abundant は所有者上昇が起きると2項述語になる。abundant の反意語である lacking でも同じような形式になる。

(2)
a. This land is lacking in minerals.

しかし同じような表現でも of を使ったり with を使ったりするのがある。これらがどのような規則でそうなるのかいつも悩まされる。

(3)
a. This land is short of minerals.
b. This land is abundant with minerals.

slow の場合も in も of も可能となる。

(4)
a. John is slow in understanding.
b. John is slow of understanding.

これらをみているとついついわからず目が回ってしまう。

b0356108_13515447.jpg





第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by miyakmae | 2018-01-05 20:30 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー