wager タイプの補文構造

認識動詞とよく似ている動詞に発話動詞である wager タイプの動詞がある。発話様態や発話内容を表す動詞で affirm, announce, allege, shout, yell, assert, declare, grant, guarantee, say, state, stipulate, wager, etc. がそうである。これらの動詞は補文に to 不定詞をとる。

(1)
a. I affirm there to be truth in this supposition.
b. I announce my intention to spend more time with my cat.
c. I allege it to be true that my cat speaks Japanese.
d. I shouted my message to be true.

これらの発話動詞は believe タイプの認識動詞と同じく目的語に虚辞の there や it をとることができる。しかし目的語に指示的な名詞をとることはできない。

(2)
a. They believe Mary to have won the game.
b. *They admit Mary to have won the game.
c. Mary is admitted to have won the game.

(2b) が非文になるのは目的語に指示的な名詞がきているせいである。しかしその受動態は問題がない。いったいどうなっているのであろうか。

b0356108_05415189.jpg



by miyakmae | 2017-12-21 10:21 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae