人気ブログランキング |

有性性と with

有性性は言語によっていろいろなところに現れます。英語では存在の場所の有性性が問題となりますが、日本語では存在物が有性性によって「ある」とか「いる」に変わります。英語の前置詞 with は「道具格」を表し有性性に関しては反応しませんが、日本語の場合は有性性に敏感で有性の場合は「と」、無性の場合は「で」で表します。

(1)
a. John broke the door with Tom.
b. ジョンはトムとドアを壊した。

(2)
a. John broke the door with a hammer.
b. ジョンはハンマーでドアを壊した。

英語では道具格の with は有性名詞でも無性名詞でも変わりませんが、これを日本語でいう場合は有性名詞の場合は「と」を使い、無性名詞の場合は「で」を使い、有性性で使い分けがなされています。

b0356108_16351686.jpg

by miyakmae | 2017-11-19 09:50 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae