否定極性要素

否定極性要素は否定の作用域の中にないと非文となる。

(1)
a. * Anybody didn't study.

(1a) が非文になるのは否定極性要素の anybody が not の作用域の中にないからである。

(2)
a. No student who had ever read any paper about negation asked a question.
b. Every student who had ever read any paper about negation asked a question.
c. *Some student who had ever read any paper about negation asked a question.

否定の作用域は否定のみでなく疑問文や条件文でもその作用域を形成する。しかし (2c) は非文となる。これは否定極性要素ではなく反対の肯定極性表現の some があるからである。 some は否定の作用域の中にはおけない。また否定極性要素が主節に現れる次の文と比較してもらいたい。

(3)
a. No student who had asked a question had ever read any paper about negation.
b. *Every student who had asked a question had ever read any paper about negation.
c. *Some student who had asked a question had ever read any paper about negation.

(3a) は否定極性要素の ever any が no student の否定の作用域の中にあるので文法的であるが, (3b) は否定の作用域の中にないので非文となる。 (3c) は肯定極性表現の some があるのに、否定極性要素の ever any があるから非文となる。

b0356108_07425592.jpg



[PR]
by miyakmae | 2017-11-06 07:43 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー