変形

生成文法は昔は変形生成文法と呼ばれていたように、基本的な文を変形させるその規則を表す文法であった。基底の文があり、それに変形規則を当てはめて表層の文に変えるのである。これは集合論でいう写像である。基底の文が最初の集合で、表層の文が結果の写像である、基底を A として表層を B とすると map A into B とか function from A to B という構造の集合を別の構造の集合に写像する関数が変形生成文法なのである。

b0356108_06090304.jpg

[PR]
by miyakmae | 2017-11-01 07:42 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae