数量詞上昇

b0356108_07572839.jpg
言語学でよく出てくる数量詞上昇とは次のような文の場合である。

(1)
a. Every boy loves a girl.

(1a) は意味が曖昧である。少なくとも2通りの解釈がある。1つは「一人の美しい女の子がいて、その子を男の子全員が好きだ」という状況と、もう1つは「男の子にはそれぞれ1人、好きな子がいる」という意味である。どちらにしてもその意味を考える場合は数量詞上昇が必要となる。まず最初の解釈には

(2)
a. A girl every boy loves.

目的語の a girl を文頭に上げなくてはいけない。 A girl の方が every boy よりも広いスコープをとっているのである。次に後者の「それぞれの男の子には1人好きな女の子がいる」場合は、 (2a) の上昇の後にさらに every boy を上昇させる必要がある。

(3)
a. Every boy a girl loves.


(3a) のような数量詞上昇が必要となる。これらは LF の段階でおきる。

[PR]
by miyakmae | 2017-10-29 08:18 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー