可算名詞と不可算名詞の中間

可算名詞とか不可算名詞とはあまり賢明な分け方ではない、というのも可算名詞が不可算名詞になったり、不可算名詞が可算名詞になったりするのであるから名詞は可算から不可算まで continuum であると考えるのがよい。

(1)
a. With a Lada you get a lot of car for your money.
b. Could you move along a bit? I haven't got much table.
c. I can hear too much piano and not enough violin. (Cruse, 2000)

car は普通には a car とか cars と可算名詞としてとらえられるが、プロの car dealer にとってはもっと抽象的なとらえ方をして (1a) のように言う。また

(2)
a. We shot three lion last week.
b. The oak on the other side of the hill are showing signs of disease. (ibid.)

lion も普通は a lion や lions と可算名詞で扱うがプロのハンターにとっては個別化はせず、まとめて lion である、とはいっても単数扱いはせず、cattle みたいに複数形で扱うのである。 (1) は可算名詞の負可算化で単数扱いであるが (2) は可算名詞の可算・不可算の中間扱いをするのである。
b0356108_12512833.jpg


[PR]
by miyakmae | 2017-10-03 12:51 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー