基数的解釈と前提的解釈

Diesing (1992) は不定冠詞の付いた名詞句は基数的解釈と前提的解釈が可能であると分析する。

(1)
a. John always reads an article at dinner.

(1a) の an article は基数的解釈と前提的解釈で曖昧である。基数的解釈の an article はどのような前提もない存在するすべての articles の中の1つの article という解釈である。一方、前提的解釈では、 John はある集合の articles の中から article を読むという解釈で、その中でもある特定の1つの article を必ず読む場合と、その集合の中の1つの article を読む場合の2種類の解釈が可能である。

(2)
a. John always reads an article at dinner. I wonder what article he is reading today.
b. John always reads an article at dinner. There are 10 articles in his reading list. I wonder why he reads it all the time.
c. John always reads an article at dinner. There are 10 articles in his reading list. I wonder which article he is reading today.

(2a) が基数的解釈で (2b) と (2c) が前提的解釈である。

[PR]
by miyakmae | 2017-05-26 04:10 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae