人気ブログランキング |

疑似分裂文

疑似分裂文にはいろいろと制限がある。

(1)
a. I visited Kyoto.
b. What I visited was Kyoto.
c. *What I did to Kyoto was visit it.

(1c) は非文となる。 Kyoto は visit されることでなんらかの影響を受けなくてはいけない。

(2)
a. I opened the door.
b. What I opened was the door.
c. What I did to the door was open it.

(2c) は問題がない。 the door はそれなりに影響を受けているのが明らかであるから。また疑似分裂文は関係節なので関係節として成立しない主語は成り立たない。

(3)
a. I forced John to study English.
b. What I forced John to study was English.
c. *What I forced was John to study English.
d. What I forced John to do was study English.
b0356108_05520591.jpg

by miyakmae | 2017-04-23 05:52 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae