demotedされた動作主

主語や目的語以外の前置詞句を斜格という。場所を表したり方法や手段を表したりといろいろな意味関係を表している。もともと動作主の主語を defocus して場所や手段や方法などの斜格に焦点を当てるのを斜格交替という。

(1)
a. Tom established his innocence with the evidence.
b. The evidence established his innocence.

(1a) は動作主の主語と目的語に with the evidence という斜格から成り立っている文であるが、動作主が情報上あまり重要でない場合は動作主の主語を defocus して斜格の the evidence を advancedさせて主語の位置に移動させることができる。(1a) の斜格の the evidence を promote して主語の位置に移動したのが (1b) である。この場合、 (1a) の Tom は chomuer になったという。このように斜格に focus してもとの主語を chomuer にすると項が1つ減ることになる。しかし獲得を表すある動詞は斜格交替をしても項を減らさず、単に主語を demote して低い地位を与えることもできる。

(2)
a. You can build a house for $1m.
b. $1m can build you a house.

(2a) は you と a house と $1m の3項述語である。ふつうは斜格の for $1m を advanced させて主語に移動すると you は defocus されて消えてしまうのであるが、 build の場合は you を demote して argument 3にして項の数はそのままにできる。

[PR]
by miyakmae | 2015-01-01 00:00 | 言語

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30