前置詞の of

学習文法書などで前置詞の of には目的格の of や主格の of があると説明するのはどうかと思う。ロイヤル英文法でも

(1)
a. the arrival of the president
b. the construction of the bridge

(1a) を主格関係の of と説明して (1b) を目的格関係の of と説明しているが両方とも目的格の of とした方がわかりやすいのではないだろうか。

(2)
a. The president arrived in Japan.
b. The president ran in Japan.

(2a) と (2b) はそれぞれ自動詞のように見えるが意味的にも統語的にも異なっている。言語学では (2a) は非対格自動詞と呼び、 (2b) は非能格自動詞と呼んで区別している。 (2) に虚辞の There を挿入すると

(3)
a. There arrived the president in Japan.
b. *There ran the president in Japan.

(3a) は文法的で問題ないが (3b) は非文となる。非対格自動詞の表層の主語はもともとは目的語であったのである。それが目的格を付与されなかったために主語の位置に移動して主格を付与されて文法的な文になったと考えられている。一方、非能格自動詞の主語は、最初から主語の位置にあったもので動詞句からそこで主格を付与されたと考えられる。 (2) の動詞をそれぞれ名詞にした場合、非能格自動詞の意味上の主語は前置詞 by で表すことができるが非対格自動詞の主語は by で表すと非文となる。

(4)
a. *the arrival by the president
b. the running by the president

(2a) の主語である the president はもともとは arrive の目的語であったので名詞化して表現する場合も目的格の前置詞 of を使わなくてはならない。一方 (2b) の主語である the president は純然たる主語で run の目的語の位置にあったわけではないので名詞化した場合に前置詞の of を表すと非文となる。

(5)
a. the arrival of the president
b. *the running of the president

(5a) の the president はもともと arrive の目的語の位置にあったために、つまりは arrive の目的語であったために名詞化して目的格の前置詞 of で表しても問題ないが、 (5b) の「走る」という意味で使われる名詞の running は the president は run の目的語の位置にあったわけではないので目的格を表す前置詞 of で表現すると非文となる。「走らせる」とか「出馬させる」という意味では異なってくるが。

[PR]
by miyakmae | 2016-01-01 00:00 | 言語

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30