話題文と左方転位

ある語句を話題化する場合に文頭に移動する。この場合、島の制約がかかる。

(1)
a. You should read this book.
b. This book, you should read.
c. This book, you should read it.

(1a) が無標の文で (1b) が話題化構文で (1c) が左方転位の文である。 (1b) は WH 移動がかかわってくるが (1c) は何の移動もないので島の制約はかからない。

(2)
a. *This book, I agree with the idea that John should read.
b. This book, I agree with the idea that John should read it.

(2a) はアウトになるが (2b) は問題ない。話題化構文と左方転位構文の違いは左に置かれた要素の情報の違いである。話題化構文の場合は旧情報でなくてはならないのに対して、左方転位構文の場合は新情報でなくてはならない。

(3)
a. Will you tell me about John?
b. John, I like.
c. *John, I like him.

(3c) が非文になるのは John が旧情報であるからである。同じように次のふるまいの違いがある。

(4)
a. *Nothing happened. But John, Mary kissed.
b. Nothing happened. But John, Mary kissed him.

(4a) が非文なのは John が旧情報であるからである。

b0356108_04073782.jpg

[PR]
by miyakmae | 2017-10-14 05:20 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー