vindicate と vindictive

vindicate「嫌疑を晴らす」 と vindictive 「復讐心のある」

いつも頭の中にもやがかかっているような単語がこの vindicate 「嫌疑を晴らす」と vindictive 「復讐心のある」である。どうも前者はプラスのイメージしかないのが、なぜ形容詞になるとマイナスのニュアンスがでてくるのか納得いかないのである。

vindicate は語源的には say strongly という意味だと思う。 vin-が win と同じく strong で dictate は say これから多分 prove one's justification strongly で「嫌疑を晴らす」とか acquit や justify の意味に変わったのであろう。あくまでも「嫌疑を晴らすのは」強い自己主張をするのが西洋での考えなのであろう。しかしこれがなぜ get even with とか give back at という「復讐する」という意味に変わるのかはどうもしっくりいかないのである。

vindictive は同じ語源の vengeful とか revengeful と同じだから「復讐心のある」という意味になるのは理解できるが、どうしても holding a grudge とか have a grievance というニュアンスが強い。さらに vindictive や vengeful は vindicate の語根である dictate 「言う」と同じであるので、なぜ「言う」や「主張する」が「復讐」へと意味が変化するのか今一つしっくりこない。

両方とも vindicate された人はたんに「嫌疑」をかけられただけでなく wrongful arrest や wrongful imprisonment されてしまってすでに stigma を与えられた後の行動を表す語なのであろうか。


[PR]
by miyakmae | 2016-09-16 19:19 | 言語 | Comments(0)

言語学と猫のブログ    HP「英語と日本語の窓」は    http://miyak.web.fc2.com


by miyakmae
カレンダー